poppo_lp

伝票レスでコスト削減とリスク削減を。

SaaS型伝票レスシステム
「POPPO」

  • merit1

    コスト削減でお得

    伝票料金、封筒料金よりも低コスト。
    お店に1台のスマホ/タブレットで運用できます。SMS通信費も込みの価格です。

  • merit1

    クラウド管理で安心

    伝票保管によるお客様個人情報取り扱いリスクがなくなります。
    STAFFの精神的負担もなくなります。

  • merit1

    一斉通知で楽々

    入荷通知は、お客様へ一斉通知機能が便利です。

  • merit1

    レポート機能で攻める

    購入寸前のお客様の絶対数に加え、購買転換率、離脱率が店舗単位、ブランド単位、会社単位で可視化されます。

  • merit1

    O2Oで逃さない

    ECで注文し、店舗で受け取る、「店舗受け取り」にも対応。
    EC担当者と店舗担当者とのコミュニケーションロスを防ぎます。

  • merit1

    店内を密にしない

    お客様のフィッティング待ちやスタッフ接客待ちなど、店内を混雑させないスマートな対応は、コロナ禍中の店舗運営にとって最も重要なサービスです。

お申し込み・資料請求・お問い合わせはこちら

お問い合わせ内容

【必読】SaaS型伝票レスシステム「POPPO」利用規約

制定:2020年5月20日
最終改訂:2020年6月25日

第1条 利用規約

1.POPPO利用規約(以下、「本利用規約」といいます。)は、アイエント株式会社(「以下「当社」といいます。)が運営する伝票レスシステム「POPPOサービス」(以下、「本サービス」といいます。)のご利用者様が本サービスを利用することにより本利用規約を承諾したものとし、本利用規約は、ユーザーが本サービスを利用する際の一切に適用するものといたします。
なお、本利用規約において、本サービスのご利用者様のことを「ユーザー」といい、ユーザーの皆様の各店舗等のお客様のことを単に「お客様」といいます。

2. この本利用規約の定めと個別規約の定めが異なる場合は、当該個別規約の定めが優先して適用されるものとします。

3. 本サービス上で随時ユーザーに対して当社が告知する事項は、本規約の一部とみなすものとし、当社は利用規約を変更する場合には、ユーザーに告知を行い、ユーザーがこれを承認した場合に、当該変更された利用規約に基づきユーザーは、本サービスを利用することとします

第2条 当社の役割

当社は本サービスをユーザーの皆様にご利用いただく場所として提供するだけにすぎません。 ユーザーの各行為はユーザーの意思と責任の下、行われるものですので、当社はその内容の信頼性、真実性、正確性、妥当性、適法性、完全性、第三者の権利を侵害していないこと、その他ユーザーの各行為について何ら保証するものではありません。 当社は、ユーザーによる各行為が本利用規約に抵触するか否かを積極的に監視する義務を負うものではありません。何らかの紛争が生じた場合は当社以外のユーザー等の紛争の当事者間において解決するものとします。

第3条 本サービスの利用料

1. 当社は本サービスを、ユーザーに対して無料または有料で提供します。

2. 当社は本サービスの追加機能を有料とする場合があります。有料とする場合は、本サービスにおいて、その内容を事前に本サービスのアプリケーション(以下「当アプリ」といいます。)又は当社運営のウエブサイト上で告知することといたします。

3. 通信費(ただし本サービス利用料に含まれるSMS通信費用を除く)・インターネット接続料・機器等の費用など、本サービスを利用するために必要な全ての費用は、ユーザーの負担とします。

第4条 ID・パスワードの適正使用

1. ユーザーがユーザー登録時に登録したユーザーIDまたはメールアドレス、およびパスワード(以下、合わせて「ユーザーアカウント」といいます。)について、ユーザーは管理責任を負うものとします。

2. ユーザーは、名目の如何を問わずユーザーアカウントの貸与・譲渡・名義変更・売買・質入等を行ってはならないものとします。

3. ユーザーアカウントを盗用或いは他人になりすます等の不正利用をしてはならないものとします。また、ユーザーアカウントの不正利用等を目的として虚偽申請する行為をしてはならないものとします。

4. ユーザーアカウントの管理不十分・使用上の過誤・第三者の使用等による損害の責任は、ユーザーが負うものとし、当社は一切責任を負いません。

5. ユーザーはユーザーアカウントを失念したり、これらが第三者に使用されていることを知った場合には、直ちに当社にその旨を連絡するとともに、当社の指示があった場合には、これに従うものとします。

6. パスワードはセキュリティを保つため、8文字以上で構成されるものに制限いたします。

第5条 登録情報の変更

1. 登録情報に変更が生じた場合、ユーザーは速やかに所定の変更手続きを行うものとします。

2. 前項の手続きを行わなかったことで必要事項の通知、当社からの連絡が到達しないなど、ユーザーが何らかの不利益を被ったとしても、当社は一切その責任を負いません。

第6条 ユーザーによる退会

ユーザーは、退会時には当社への連絡のもと、当社によるアカウント削除を行います。

第7条 当社によるユーザー登録の取消・退会

1. 当社は、ユーザーが以下の各号のいずれかに該当すると判断した場合は、ユーザー登録を拒絶し、または登録済みのユーザー資格を取り消すことができます。

(1) ユーザーより本サービス利用契約期間満了につき本サービス利用契約終了の申し出があった場合

(2) ユーザーが登録した各情報等の申告情報に虚偽の情報・誤記があった場合

(3) ユーザーが過去に本規約違反等により本サービスのユーザー資格を失効した者の場合

(4) その他当該ユーザー登録が、当社による本サービスの運営に支障を与え、または当社あるいは第三者等の権利ないしは利益を害する恐れがあると当社が判断した場合

(5)その他、上記(1)~(4)に準じる事由があると当社が合理的理由に基づき判断した場合

2. 当社は、ユーザーが以下の各号のいずれかに該当すると判断した場合は、当該ユーザーへの注意・警告、ならびに事前事後の承諾や説明を要することなくユーザー資格の一時停止、またはユーザー資格の取消しおよびユーザーアカウント等その他ユーザーデータの削除を行うことができます。

(1) ユーザーが本規約に違反した場合

(2) 当社が当該ユーザーと連絡がとれない場合

(3) その他ユーザーとして不適切であると合理的理由に基づき当社が判断した場合

第8条 情報の私的利用以外の禁止

ユーザーは本サービスを通じて入手したどのような情報(お客様の個人情報、その他の全ての情報を含む。以下「本サービス情報」といいます。)も複製、販売、出版公開その他どのような方法においてもユーザーの私的な利用以外の使用ができないものとします。私的な利用とは、本サービスを利用するにあたり、必要な個人的に又は店舗内その他これに準ずる限られた範囲内において使用することとし、私的な利用以外の使用を発見した際、当社は本サービス情報の使用の差し止めを請求する権利を有することとします。

第9条 禁止事項

ユーザーは本サービスを利用して下記に当たる行為、またはその恐れがある行為を行うことはできません。当社は下記のような禁止行為について、ユーザーに事前通知することなく、またその理由の如何を問わず、当該禁止行為を差止めあるいは禁止行為の停止、データの削除等の措置を取ることができるものとします。

1. 通常利用の範囲を超えてサーバーに負担をかける行為、およびそれを助長するなどの、本サービスの運営を妨げる行為。

2. 他のユーザーのアクセスまたは操作の妨害、メッセージ機能等を使った無差別送信をするなど他のユーザーの迷惑となる行為。

3. 本サービスおよび他のサイトやサービスにおいて、当社及び第三者(他のユーザーを含み、以下「第三者等」といいます。)に対する中傷、脅迫、いやがらせとなる行為、その他経済的もしくは精神的損害や不利益を与える行為、ならびに信用を毀損する行為。

4. ユーザーとして有する権利を第三者に譲渡、売買、名義変更、質権の設定その他の担保に供する等の行為。

5. 本サービス情報(お客様の個人情報等を当然に含みます)を私的目的での利用以外に収集・蓄積及び第三者へ提供する行為。

6. 本サービス情報、その他本サービスのシステム等について無断でそのコピー、複製、アップロード、提示、伝送、配布等をする行為。当社及び第三者の財産、名誉、信用、プライバシー権、肖像権、パブリシティ権、知的所有権(著作権・意匠権・特許権・実用新案権・商標権・ノウハウなどを指します)その他、一切の権利を侵害する行為。

7. その他公序良俗に反する行為や犯罪的行為に結びつく行為。

8. その他、法令に違反する行為、および違法な行為を勧誘または助長する行為。

第10条 メール配信の許諾

1. ユーザーには、登録メールアドレスに対する当社からの重要な連絡等のメール送信および当社からのメールマガジン等のお知らせや広告を含むメール送信を当社が行うことを許諾いただきます。なお、お送りする電子メールの形式は、HTML形式・テキスト形式を問いません。

2. ユーザーは、本サービス情報のうち、お客様から取得した情報(以下「お客様情報」といいます。)を利用して、お客様に通知を行う際に、お客様に属性種別を設け、お客様にとって有益と判断される情報を、それぞれのお客様に異なる内容でメール配信することがあります。

第11条 データについて

1. ユーザーは、各自が掲載するテキストや画像等のデータのバックアップについて、自己の責任においてバックアップする等して保存するものとします。当社サーバー側のバックアップ等当社はデータ保存について保証しません。

2. ユーザーが登録したデータ等が、当社が定める所定の期間または量を超えた場合、当社はユーザーに事前に通知することなく削除することがありますので、ユーザーは各自データを保存しておくことを推奨いたします。

3. 本サービスの運営および保守管理上の必要から、または登録データに不正が発見された場合、または当社が変更を必要と判断した場合、ユーザーに事前に通知することなく、ユーザーが登録したデータ等を変更または削除することがありますのでご了承ください。

4. 本サービスの著作権およびその他一切の知的財産権は当社に帰属するものとします。ただし、当社は、日本国内に限り、ユーザーに、有償で、非独占的にデータを使用する権利(第三者に使用させる権利を含む)を許諾するものとします。

第12条 個人情報の開示

当社は、本人の同意なく、当社および機密保持契約を結んだ協力企業以外にユーザーの登録情報を開示することはありません。ただし、以下の場合、ユーザーの登録情報を開示することがあります。

(1) 裁判所や警察等の公的機関から法律に基づく正式な照会を受けた場合

(2) 事業売却などによりサービスの主体が変更され、サービスの継続のためにユーザーの登録情報を移管する必要があると判断した場合

(3) その他、法令で認められている場合。

第13条 免責事項

ユーザーは以下の本サービスへの免責事項を了解の上、利用することとします。

(1) 本サービスの利用については、ユーザーの責任において行っていただくこととし、当社は、本サービスの利用により発生したユーザーの損害全てに対し、どのような責任も負わないものとします。また、当該損害の賠償をする義務も一切ないものとします。

(2) 本サービスの内容は当社がその時点で提供可能な内容とします。当社は、提供する情報、ユーザーが登録する情報について、その完全性、適用性、有用性などいかなる保証も行いません。

(3) 本サービスの運営において、当社が必要と判断した場合にはユーザーの皆様へ通知することなくいつでもサービスの内容を変更、停止、中断、またはサービスの提供終了ができるものとします。当社はどのような理由においても本サービスの提供の終了、停止、中断、遅延などが発生し、その結果ユーザーまたは他の第三者が損害を被ったとしても当該損害について一切の責任を負わないものとします。

(4) 当社は、ユーザーへの事前の通知なくして、本サービスの諸条件運用規則、または本サービスの内容を変更することがあり、ユーザーはこれを承諾します。この変更には、本サービスの内容の部分的な改廃などを含みますが、これらに限定されません。

(5) 当社は、本サービスを通じてユーザー同士でなされた情報の授受、およびそれに付随して行われる行為について一切責任を負わないものとします。また、お客様情報は、当社はもとより、ユーザーも善良なる管理者として、適切な管理責任を負うものとします。

(6) 当社は、本サービスを通じてユーザー同士でなされた情報の授受に関して、当該情報が各種ウイルスに感染していたことにより当社、他のユーザーまたは第三者が損害を被った場合、当該情報を掲載したユーザーはその損害を賠償するものとします。また、当社は当該損害についてユーザーまたは第三者について一切責任を負わないものとします。

(7) 本サービスは、ユーザーの端末の仕様や使用状態、電波状況等により、正常にご利用いただけない場合があります。これらの場合について、当社は、代替端末やサービスの提供、情報料、パケット通信料、その他の費用の補償等、一切の責任を負わないものとします。

(8) 本サービスのユーザーであっても、ユーザー又はお客様の利用環境(特定の機種・ブラウザ、アプリの設定状況、通信回線の状況等)、またユーザー又はお客様のご利用状況等によって、一時的に閲覧や本サービスがご利用できない状態になる場合があります。その場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。

第14条 権利放棄

当社が本利用規約に示される権利を行使または実施しない場合にも、当該権利を放棄するものではありません。

第15条 協議解決の原則および管轄裁判所

本サービスに関してユーザーと当社の間で紛争が生じた場合には、当該当事者が誠意をもって協議するものとします。また、協議をしても解決しない場合、東京地方裁判所あるいは東京簡易裁判所をもって第1審の専属管轄裁判所とします。

※上記の利用規約を最後まで読むとチェック出来るようになります。